2018/06/04 16:00

ジャニーズ、好調のテレ朝にリーダー格を次々投入の裏事情

 6月に入り今年も折り返し地点が近づくなか、民放テレビ局の視聴率争いが気になるところだが、例年以上に好調なのがテレビ朝日だという。例年10月期に高視聴率が見込める『ドクターX~外科医・大門未知子~』で巻き返すのが定番だが、今年は上半期から調子がいいというのだ。

「1月期は木村拓哉主演の木曜ドラマ『BG~身辺警護人』がなんだかんだ言われましたが、最終回の平均視聴率は17.3%と“合格点”。山口智子や矢沢永吉など超豪華なゲストにかかった経費は決して安くはありませんでしたが、これまで地味だったテレ朝の“ステーションイメージ”を高めました。全体としても『羽鳥慎一モーニングショー』が朝の情報番組で不動の1位をキープしており、テレ朝は朝のベルト(枠)が絶好調。これが意外と大きいのです」(テレ朝関係者)

 民放でトップを走る日テレの2番手がフジテレビではなくテレ朝に代わって久しいが、ここ数年顕著なのが同局の「ジャニーズ依存度」だ。『BG』の木村をはじめ、数年前までは考えられないようなジャニーズタレントが続々とテレ朝で起用されているのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >