2018/06/05 18:00

潰し合う嵐…二宮『ブラックペアン』が前クール同枠の松本潤『99.9』に大差で完敗

 そう思うのは視聴者も同じようで「脚本が雑すぎ、ご都合主義、意味不明。佐伯があっさり渡海を手放したり復帰させたり、何がしたいんだか」「渡海先生が院長の不正を暴くってあり得なくて笑える」「勤務実績があるのに医師の給料を別の医師が個人的に払うなんてあり得ない。渡海の社会保険料どうなるの? 経理上どうなるの? 税務署の監査が入らない世界ですか?」と疑問視する声が多数あがっていた。

●初回から7話まで続く、お決まりのパターン

 少々強引な展開だが、やはり父と佐伯の因縁を描く上で渡海は東城大の医師でなければならないということだろう。しかし、今回もやはり渡海の父と佐伯との関係性についてはスルーされた。2人の間に何かがあるのだろうということは、初回から登場していた“ペアンが写り込んだレントゲン写真”を見れば一目瞭然なのだが、種明かしはされないまま7話を終えてしまった。

 結局、渡海は帝華大で技術不足から患者を見殺しにしようとする医師に代わって手術を行い、その見返りに1000万円を要求した。初回から続くお決まりのパターンを7話まで見せられてもさすがにつまらないし、そもそも連続ドラマである必要性を見いだせない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >