2018/06/10 16:00

Wink、復活できない裏事情…相田翔子と鈴木早智子、残酷すぎる現在の格差

 1980年代後半から90年代にかけて、トップアイドルとして一世を風靡したWink。今年はWinkのデビュー30周年で、昨夏には一部で今年4月に再始動するのではと報じられていたが、同年9月に相田翔子は再始動の計画は何も決まっていないと否定した。一方、相方の鈴木早智子は2010年に自叙伝『負けじ魂』(光文社)が出版されて以降、ほとんどメディアに姿を見せていない。

 1996年にWinkが活動休止して以降、相田は大手芸能事務所アップフロントグループに所属し、女優・司葉子の息子で医師の男性と結婚。そんな公私共に順調な相田とは対照的に、鈴木は何度も事務所が変わり、セクシービデオへの出演、俳優との不倫騒動などをへて事実上の活動休止状態に。2009年に体調を崩して病院に救急搬送された際には自殺未遂説が流れるなど、安定しない日々が続いた。

 そんななか、今年の4月には女性アーティスト限定のロックフェス「NAONのYAON」に相田が出演。相方不在のなかで、SHOW-YAのボーカル寺田恵子を相手にWinkのヒット曲『淋しい熱帯魚』や『愛が止まらない』などをアイドル当時と変わらない容姿と振付で披露し、会場を盛り上げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >