2018/06/19 20:00

『ブラックペアン』インカムつけた二宮和也が「ただのゲーマーにしか見えない」とネット冷笑

 嵐の二宮和也が主演を務める連続テレビドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の第9話が6月17日に放送され、平均視聴率は前回の16.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)から0.4ポイント減少の16.2%だった。前回の8話で自己最高を更新したばかりだが、最終話に向けて好調をキープしているようだ。

 9話では、心臓疾患で倒れてしまった東城大学医学部付属病院の佐伯清剛教授(内野聖陽)を救うために、東城大の外科医が一致団結する。冠動脈と僧帽弁の手術が必要な難しい症例であり、オペに対応できるのは“佐伯式”を行うことができる渡海征司郎(二宮)のみだが、佐伯は渡海の執刀を拒否し、手術支援ロボット「カエサル」による手術を希望する。

 そして、高階権太(小泉孝太郎)が執刀医を務めることになるが、高階の機器操作では限界があり、手術を成功に導くのは難しい状況に。そこに、渡海から無線を通じて連絡がきて、医局に置いてある練習用のカエサルを使った“遠隔操作”によるカエサル手術が行われることになった。もちろん、医局のカエサルを動かすのは渡海だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >