2017/05/10 21:00

【シネマモード】思いつくまま撮影できる時代だからこそ…人々を惹きつける写真家ロベール・ドアノーの魅力を知る

『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』(C)2016/Day For Productions/ARTE France/INA (C)Atelier Robert Doisneau
『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』(C)2016/Day For Productions/ARTE France/INA (C)Atelier Robert Doisneau
花の都、恋の街、モードの発信地でもあるパリ。あなたが、もしそんなイメージを持っているなら、それを印象づけたのはいったい何だったのでしょう。古くは、ジャック・タチやジャック・リヴェット、フランソワ・トリュフォーやジャン=リュック・ゴダールらの映画や、ココ・シャネル、クリスチャン・ディオール、イヴ・サンローランといったファッション、フランス・ギャルやシルヴィ・バルタンらのフレンチ・ポップス。それらの影響を受け、自由な発想を持つフランスの現代カルチャーも、自国の粋な伝統を受け継ぎ、世界中の人々を惹きつけています。

そんなフランスの小粋なエスプリを世界に印象づけたもののひとつが、有名な写真「パリ市庁舎前のキス」でしょう。撮影したのは写真家ロベール・ドアノー。彼の素顔と作品群の魅力をとらえたドキュメンタリーが『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』です。「パリ市庁舎前のキス」は、1950年に米国「LIFE」誌からの依頼で“パリの愛”をテーマに撮影された連作のうちの1点でした。あまりに有名な写真で、20世紀を象徴する写真とも言われているので、ドアノーやタイトルを知らずとも、観たことがある方も多いでしょう。ある時はポストカードで、ある時はチラリとメディアに映ったウディ・アレンの部屋で、ある時はポスター店で。実は、私も大好きでかつて自室に飾っていました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >