2017/06/01 11:00

山田涼介、『鋼の錬金術師』引っさげLA・パリ・東京のワールド弾丸ツアー決定

『鋼の錬金術師』 (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会
『鋼の錬金術師』 (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会
主人公・エド役に山田涼介を迎え、弟・アルはリアルなフルCGで描く『鋼の錬金術師』。このほど、山田さんや曽利文彦監督が北米最大の「第26回アニメエキスポ」、フランスの日本文化の祭典「第18回ジャパンエキスポ」に相次いで登壇することが決まった。

大好きだった亡き母を生き返らせようと、幼い兄弟は錬金術最大の禁忌(タブー)を犯した。2人の“錬成”は失敗し、エドは左脚を、アルは身体全部を代価として“持っていかれて”しまう。瀕死のエドはとっさに、自身の右腕と引き替えにアルの魂だけを錬成し、なんとか近くにあった鎧に定着させる。やがて、鋼鉄の義肢をつけた身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと旅を続けるエドを、人は“鋼の錬金術師”と呼んだ――。

原作は、月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2001年から2010年に渡り連載された荒川弘による国民的人気コミック。シリーズ全世界累計7,000万部超の大ベストセラーであり、2003年と2009年にTVアニメ化、2005年と2011年には劇場アニメが公開された。連載中に妊娠・出産を経験した原作者の荒川さんが、「いつかわが子に読ませたい」との思いを込め描き続けたエドとアル兄弟の冒険ストーリーは、いまもなお絶大な人気を博している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >