2017/06/01 12:00

“プロフェッサーX”も卒業…パトリック・スチュワートが人気シリーズへの思い語る

『LOGAN/ローガン』(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation
『LOGAN/ローガン』(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation
ヒュー・ジャックマンが自身“最後”のウルヴァリンを全身全霊で演じる『LOGAN/ローガン』。実は、本作で“卒業”するのはヒューのウルヴァリンだけではない。シリーズ開始当初からプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビア役を務めてきたパトリック・スチュワートも、本作をもって“卒業”する。このたび、最後の作品について語るパトリックのインタビュー映像が到着した。

“アメコミ映画初”となるベルリン映画祭での上映後にスタンディングオベーションが起き、全米批評家サイト「Rotten Tomatoes」のトップ批評家による評価でも92%(5月30日付)という高評価を維持し続けている本作。先日の来日でも、ヒューは「ウルヴァリン映画の決定版になった」と自信をのぞかせていた。

そして、ヒューと同様、17年にわたってチャールズ・エグゼビア、通称プロフェッサーXを演じてきたパトリック。チャールズは史上最強のテレパシー能力を持ち、他人の心を読んだり、記憶を操作したりできるキャラクターだ。かつてミュータントと人類の共存を願い、“恵まれし子らの学園”を設立したが、現在は衰弱して療養中の身。発作によるスーパーパワーの暴走を抑えるために薬を服用している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >