2017/06/25 15:30

【特別映像】犬好きの“イケおじ”は愛犬が心配!? スペインアカデミー賞5冠『しあわせな人生の選択』

『しあわせな人生の選択』 (C) IMPOSIBLE FILMS, S.L. /TRUMANFILM A.I.E./BD CINE S.R.L. 2015
『しあわせな人生の選択』 (C) IMPOSIBLE FILMS, S.L. /TRUMANFILM A.I.E./BD CINE S.R.L. 2015
スペインのアカデミー賞である第30回ゴヤ賞で、作品賞や監督賞、主演男優賞、助演男優賞、脚本賞と最多5冠に輝いた『しあわせな人生の選択』が、7月1日(土)より日本公開される。本作で主人公を演じるのは、米アカデミー賞最優秀外国語映画賞『瞳の奥の秘密』やアルゼンチンの大ヒット作『人生スイッチ』などで知られるリカルド・ダリン。このほど、彼が演じる余命わずかな主人公が、愛犬を心配するあまり、かかりつけの獣医を困らせてしまう(?)本編映像がシネマカフェに到着した。

フリアン(リカルド・ダリン)はスペインで俳優として活躍し、愛犬トルーマンと暮らしていた。一方、トマス(ハビエル・カマラ)はカナダの大学で教鞭をとりながら家族と暮らし、2人はそれぞれの人生を送っていた。年月は流れ、ある日突然トマスがフリアンの前に姿を現す。それは、フリアンのいとこパウラ(ドロレス・フォンシ)から彼の具合がよくないと聞かされたからだった。フリアンはすでに治療をやめ、身辺整理を始めていた。説教されることを嫌がり、最初は親友トマスを追い出そうとするが、トマスはそんなことはおかまいなしに4日間滞在するという。やがて2人は、昔の遠慮のない関係に戻り、フリアンの残り少ない時間を愛犬トルーマンの里親探しや、留学中の息子に会いに行くことなどに費やす。それは2人が一緒に過ごせる最後の日々でもあった――。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >