2017/07/06 18:30

【インタビュー】師の教えを胸に…『カーズ』を通して伝えたい「人生に何が重要かを発見すること」

ケヴィン・レハー&ブライアン・フィー監督/『カーズ/クロスロード』in ピクサースタジオ
ケヴィン・レハー&ブライアン・フィー監督/『カーズ/クロスロード』in ピクサースタジオ
「人生において常にチャレンジや試練がある」と語るのは数々のディズニー/ピクサー作品に携わってきたブライアン・フィー。彼の監督デビュー作となった『カーズ/クロスロード』では第一線で走り続けてきたマックィーンの“人生の岐路”が描かれている。

誰もが直面する人生の大きな壁や、思いがけない挫折、そしてその先に見えてくる新たな道で決断をし前に進む――原点回帰を繰り返しながら生きていく人間性を車のキャラクターで描くことに成功した本作。3作目で描きたかったのは“師の教え”。『カーズ』で登場するマックィーンの恩師ドック・ハドソンの声を演じるポール・ニューマンが亡くなり、2作目以降出演することはなかった。なぜ3作目にしてマックィーンの人生に立ち返り、彼を再登場させたのか?

「この映画を(どういうものにしようかと)考えていたとき、それが僕らに興味を抱かせたストーリーだったんだ。特に、マックィーンとドックの関係にね。彼らを師と弟子として見ていた。僕がこの映画にどのように入っていったかというと、彼らのことをほとんど父親と息子のように考えていたんだ。いま、ドックはいなくなってしまった。そしてマックィーンは年を取ってきている。いくつになっても、人生においてチャレンジや試練がなくなることはないんだ」と熱い眼差しで語るフィー監督。彼にもマックィーンのような出来事があったという。「僕の母は亡くなったんだけど、数え切れないほど何度も母に電話をしたいと思ったよ。母がどう思うか、母ならどうするか聞きたいと思ったけど、それは出来ないんだ。ただ同時に、僕がいまは2人の子どもがいる父親でもあるんだ。彼女たちは僕を頼りにしている。だから、彼女たちとのエピソードを思い出すと、逆の立場でも考えることができたんだ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >