2017/07/22 12:30

芦田愛菜、声優ぶり褒められ謙遜「セリフの量が違うので」

芦田愛菜/『怪盗グルーのミニオン大脱走』公開記念舞台挨拶
芦田愛菜/『怪盗グルーのミニオン大脱走』公開記念舞台挨拶
米アニメ映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』の公開記念舞台挨拶が7月22日(土)、都内で行われ、主人公のグルーを演じる笑福亭鶴瓶をはじめ、松山ケンイチ(バルタザール役)、芦田愛菜(三女アグネス役)、生瀬勝久(ドルー役)らが出席した。

ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・スタジオによる人気アニメーション『怪盗グル―』シリーズの第3弾。新たに登場した悪党のバルザタールをとり逃し、反悪党同盟をクビになってしまったグルーは、生き別れていた双子の兄・ドルーと対面。すっかり意気投合し、再び悪の道に心が揺らいでしまう…。

第1作目から主人公を務める鶴瓶さんは、「アフレコは4日間の予定が、呼び出しされて『ここはこう』『あれは違う』と結局5日間かかった」と思わずグチ。さらに「(事務所の社長から)声優も芝居もあんまりうまくないですねって言われて」と恨み節を見せた。

そんな大御所の姿に、「グルー役は鶴瓶さんしか考えられない。いわゆる“うまさ”じゃないですから」(松山さん)、「鶴瓶さんの魅力は、人柄と味」(生瀬さん)とフォローを入れたが、当の鶴瓶さんは「やっぱり、うまいって言ってほしい」と本音を明かした。

また、芦田さんが「アフレコは3~4時間くらいでした」と明かすと、鶴瓶さんは「えっ!」と驚きの表情。「セリフの量が(鶴瓶さんとは)違うので…」と謙遜していた。

舞台挨拶には中島美嘉(グルーの妻、ルーシー役)、須藤祐実(長女マーゴ役)、矢島晶子(次女イディス役)、いとうあさこ(反悪党同盟の新リーダー、ヴァレリー役)が同席した。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』は全国公開中

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >