2017/08/02 19:30

メリル・ストリープも絶賛の衝撃のドキュメンタリー『海は燃えている』DVD発売

『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』(C) 21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinema
『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』(C) 21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinema
前作『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』で2013年度ヴェネチア国際映画祭金獅子賞<最グランプリ高賞>を受賞したジャンフランコ・ロージ監督の最新作、『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』が8月2日(水)、DVD発売を迎え、監督のコメントが到着した。

本作は、2016年度のベルリン国際映画祭で金熊賞<最グランプリ高賞>を獲得。第89回アカデミー賞では長編ドキュメンタリー賞へのノミネートを果たしたドキュメンタリー作品で、イタリア最南端の美しい島であるランペドゥーサ島を舞台に難民危機問題を描いた衝撃作。ロージ監督は二作連続で世界三大映画祭の最高賞を受賞しただけでなく、ベルリン、ヴェネチアとドキュメンタリー映画で初の最高賞を受賞するという快挙を成し遂げた。

ロージ監督は、「このような小さなプロジェクトが、あまり知られていない小さな島が、こんなにも広く知ってもらえてとてもうれしい。とても大切で素晴らしい映画です。ぜひご覧になってください」とコメント。難民危機の最前線、ランペドゥーサ島に監督自身が移り住み、ランペドゥーサの人々と同じ時間を共有しながら、ゆっくりカメラを回して島の“真の姿”を丁寧に描出。美しい映像とともに語られる静かなる衝撃の真実に、当時ベルリン国際映画祭の審査員長だった女優のメリル・ストリープをはじめ、イタリアの首相マッテオ・レンツィ、ローマ法王も絶賛。世界中の映画人が高い評価を下した、必見作だ。

特典映像として、ロージ監督のアカデミー賞ノミネーション時のコメントや、ロージ監督が公開記念シンポジウムで語った自作についての解説、日本版劇場予告などを収録予定。また、封入特典としては、12ページにわたって詳細な情報を掲載するブックレットが付く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >