2017/08/05 22:30

北川景子、志尊淳&川栄李奈と「ほん怖」初参戦!「こういうことは実際あるかも」

「ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-」
「ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-」
今回で18周年を迎える、8月19日(土)放送の「ほんとにあった怖い話-夏の特別編2017-」に、女優・北川景子が初出演することが決定。2年連続の出演となる志尊淳、同じく初出演となる川栄李奈と共演し、病院での恐怖体験を描く。

通称「ほん怖」こと、「ほんとにあった怖い話」は、1999年に放送がスタートした、フジテレビの夏の風物詩となっているオムニバス形式のリアルホラードラマ。「ほん怖」では、今回も日本中から届いた本当に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現、恐怖VTRを見た稲垣吾郎をナビゲーターに、“ほん怖クラブ”のメンバーたちが、スタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えることで人気を博している。

今回、ホラー作品も初挑戦という北川さんが演じるのは、看護師・深川京香。彼女がつとめる総合病院の417号室に入院していた患者が、深夜に何度もナースコールを鳴らし、苦しみながら亡くなってしまう。その日から、誰も入院していない417号室のナースコールが毎晩、繰り返し鳴るように。以降、417号室に入院してきた患者が突然死する事態が相次ぎ、やがて、その部屋は「死に部屋」と呼ばれ始める。同僚看護師の横山詩織(川栄李奈)は京香に、「あの部屋は使わないほうがいい…」と警告するが、京香は主任という立場上、「そんなうわさに振り回されてどうするの」と、この不穏な状況を認められずにいた。そんなある日、京香の弟・篤史(志尊淳)が大ケガをし、京香の病院に運び込まれ、417号室に入院することになり…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >