2017/09/09 15:20

長谷川博己、黒沢清監督が好きすぎて「うっとうしかったかと…」と反省?

長谷川博己/『散歩する侵略者』初日舞台挨拶
長谷川博己/『散歩する侵略者』初日舞台挨拶
劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を映画化したSFエンターテインメント『散歩する侵略者』の初日舞台挨拶が9月9日(土)、都内で行われ、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、黒沢清監督が出席した。

人間の“概念”を奪いながら、地球侵略を進める侵略者たち。数日間、行方不明だった夫から「地球を侵略しに来た」という衝撃的な告白を受けた妻・鳴海(長澤さん)は、それでも愛を貫こうとするが…。夫の真治を松田さんが演じる。

長澤さんは、夫の異変に終始“怒った”演技を披露しているが「怒りの中に、愛情や優しさ、悔しさが注ぎ込まれている」と回想。黒沢監督が「こちらが何かお願いすると『あっ、はい…』とちょっと虚無的な表情で…。うれしいやら、困ったやら。でも、演技はしっかりやってくれるので頼もしい」とふり返ると、「『あっ』と『はい』の間で、お芝居ができるか考えていた」と語った。

一方、侵略者を演じた松田さんは「監督から『宇宙人みたいですね。そのままでいてくれれば』と言われて、ホッとしました。概念がない空っぽな状態の役柄ですが、好奇心を大切にした」とマイペース。黒沢監督も「最初に、僕からも宇宙人のことはよくわからないって言いました」と苦笑いだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >