2017/09/13 05:30

いまのテレビ界ではNG作家!?「高校教師」「人間・失格」…野島伸司ドラマの魅力とは

野島伸司
野島伸司
アラフォー以上が集まれば、「昔のテレビは面白かったなぁ」という声をよく聞くもの。規制の厳しくなった現代に比べてひと昔前のテレビは、どんな面白いことが起きるかわからない、“おもちゃ箱”や“びっくり箱”のような存在だったのだ。

そして、1990年代のテレビドラマ界を面白くしていた功労者として、真っ先に思い浮かぶ一人が脚本家・野島伸司だ。この秋、Huluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」では、悲劇的純愛を綴るという野島氏。本ドラマの放送前に、いま一度、野島作品の魅力をふり返ってみたい。

■伝説的ドラマを数々残す野島伸司
野島作品のラインナップを改めて思い出してみると、「101回目のプロポーズ」では、浅野温子と武田鉄矢が演じる異色カップルによる男女の純愛を描き、「ひとつ屋根の下」では、江口洋介演じるあんちゃんと、それぞれに問題を抱えた兄弟たちの愛の物語に泣かされた。企画・原案を担当した「家なき子」では、少女の辿る壮絶な人生と、「同情するなら金をくれ!」というインパクト大のセリフで注目を集めるなど、老若男女を巻き込み、いまなお鮮烈な記憶として刻まれる伝説的ドラマを数々、世に放ったのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >