2017/10/16 00:00

【インタビュー】『最後のジェダイ』はなぜ“赤い”?SW最新作を手掛けるライアン・ジョンソン監督を直撃

ライアン・ジョンソン監督『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
ライアン・ジョンソン監督『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
ついに公開まで2か月を切った『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。これまで解禁された予告編やポスタービジュアルを見れば、本作のイメージカラーが“赤”であることは一目瞭然だ。果たしてなぜ? この夏、米LAに飛び、ライアン・ジョンソン監督を直撃した。

『スター・ウォーズ』シリーズにおける赤といえば、フォースの暗黒面を信奉するシスを連想するファンも多いはず。彼らが胸に抱く怒りや憎しみ、さらには血といった不吉なモチーフにもつながり、本作の登場人物たちが遭遇する“戦慄の展開”を予感せずにはいられない。お馴染みのSTAR WARSロゴが、赤く縁どられるのも初めてのこと…。というわけで、とにかく、胸騒ぎが止まらない!

「誰かの運命を表しているとしたら、きっと不吉な予兆ってことになってしまうのかもしれないね。実際、赤い色が大切な働きをしていることは確かなんだ」と思わせぶりなジョンソン監督。その理由については「映画が公開されたら、ぜひファンの皆さんと議論してみたい興味深いテーマだね」と明言を避けているが、「色というものが、物語の中でどんな機能を果たしているか。この点には注目してほしい」とやはり、赤というカラーが重要なカギを握っていることは間違いなさそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >