2017/10/18 20:45

【シネマVOYAGE】はじまりは50秒の作品だった――映画のルーツを旅する『リュミエール!』

『リュミエール!』(C)2017 - Sorties d’usine productions - Institut Lumiere, Lyon
『リュミエール!』(C)2017 - Sorties d’usine productions - Institut Lumiere, Lyon
毎週末、約20本の新作映画が公開されている。日本で1年間に公開される映画の数は1,149本(※連盟調べ)。世界で1年間に作られている映画の数は5,000本以上になるそうだ。何を観るか選択肢はとてつもなく多い。

そんなふうに映画が当たり前のように作られて、当たり前のように鑑賞できる現代だが、そもそも映画はいつ作られたのか、誰が作ったのか? フランスのリュミエール兄弟が“映画の父”であることは知っていたとしても、彼らがどんな映画を作ったのかは意外と知らないのではないだろうか。『リュミエール!』は、映画のルーツを旅する映画だ。

この映画で何が観られるのか、どんな旅ができるのか──それは、ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明したシネマトグラフで撮影した映画108本!

シネマトグラフとは、動く写真を理想とし、撮影し、現像し、それを上映できる画期的な装置。リュミエール兄弟がシネマトグラフを発明する以前に、アメリカのトーマス・A・エジソンがキネトスコープを発明しているが、キネトスコープは覗き式で1台に1人しか観ることができなかった。それを映写式にしたのがシネマトグラフだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >