2017/10/21 17:00

健太郎×山田裕貴、『デメキン』キャスティング秘話が明らかに!「2人の絆の物語にしようと」

『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
『デメキン』(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ(C)2017 映画『デメキン』製作委員会
お笑い芸人「バッドボーイズ」佐田正樹の半生を綴った実録自伝小説・コミックスの実写映画化『デメキン』。本作のプロデューサー・佐藤現が、主演の健太郎とその相棒を演じる山田裕貴のキャスティング理由や経緯について、シネマカフェに明かした。

「ヤングチャンピオン」(秋田書店)にて連載中の人気作を、満を持して実写化する本作。主人公・佐田と相棒・厚成を誰が演じるかは、もちろん重要なポイントだった。佐田は幼少期から“デメキン”と呼ばれ、いじめられていたが、いつしか喧嘩無敗と数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰める。その佐田に起用されたのは、映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』やドラマ「アシガール」などで、漫画原作モノを数多く経験してきた健太郎さん。

そして、佐田の小学校からの親友・厚成に起用されたのは、映画『亜人』や『あゝ、荒野』前後篇、『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(11月11日公開)など、今年の出演映画は10本超え、いずれも話題作ばかりの山田さんだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン