2017/12/28 16:30

【シネマ羅針盤】いろんなことがありました…2017年映画10大ニュース<前編>

「第89回アカデミー賞」作品賞を獲得した『ムーンライト』チーム(C)Getty Images
「第89回アカデミー賞」作品賞を獲得した『ムーンライト』チーム(C)Getty Images
世界中が注目する映画の祭典で巻き起こった、前代未聞のハプニングは、この後に次々と世間を騒がせる「予想の斜め上いく」出来事の序章だった? いろんな意味で大いに揺れた2017年の映画界をふり返ります。

★前代未聞の珍事、アカデミー賞で作品賞発表ミス

現地時間2月26日、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された第89回アカデミー賞授賞式で「作品賞の発表を間違える」という前代未聞のハプニングが発生した。

ご存じの通り、作品に輝いたのは『ラ・ラ・ランド』ではなく、『ムーンライト』。原因は授賞式本番中に、受賞結果が入った封筒をプレゼンターに手渡す監査法人による“人為的ミス”だった。混乱するステージ上で、神対応した『ラ・ラ・ランド』関係者に称賛の声があがるという皮肉な幕引きとなった。

★Netflix映画は「映画」なの? 議論が巻き起こる

5月に開幕した第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にNetflixオリジナル映画『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』(ノア・バームバック監督)、『オクジャ/okja』(ポン・ジュノ監督)が出品されたが、「映画館で上映されてこそ映画では?」という議論が巻き起こり、映画祭の期間中には、ボイコットや上映妨害といった憂き目にあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >