2018/01/14 14:15

岡田准一&生田斗真&錦戸亮…ジャニーズの“演技派”たち出演作続々

(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社
(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社
人気男性アイドルグループを数多く輩出し、日本で知らない人はいないジャニーズ。特にここ数年、“歌って踊れるアイドル”だけじゃない、“演技派俳優”としても頭角を現している彼らに改めて注目した。

■岡田准一、ジャニーズ初の日本アカデミー賞を獲得
まず、ジャニーズ事務所で現役所属タレントとして、初の日本アカデミー賞を受賞した「V6」の岡田准一。第38回日本アカデミー賞において『永遠の0』で最優秀主演男優賞を、『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞をW受賞、同賞始まって以来、初の主演・助演を制覇した男優となった。黒澤作品や岡田さんの主演作『追憶』など日本映画界を代表する名カメラマンにして、監督も手掛ける木村大作と再び組んだ最新作『散り椿』が9月28日に公開を控える。

■生田斗真、トランスジェンダーの女性も熱演
ジャニーズの中で俳優として際立つのが生田斗真。数々の映画やドラマの主演を務めてきた生田さんは、アイドル活動は行わず、俳優としての道を突き進むことから“異色のジャニーズ”といわれるほど。トランスジェンダーの女性を演じた『彼女が本気で編むときは、』も絶賛を受けた。次回作は、『64-ロクヨンー前編/後編』の瀬々敬久監督最新作で、瑛太と共演する薬丸岳のミステリー小説の映画化『友罪』が5月公開を控える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >