2018/01/18 14:30

ジェラルド・バトラー、地球を救うため「12時間も吊られっぱなし」

『ジオストーム』(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
『ジオストーム』(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
世界の天候を完全管理する気象コントロール衛星が大暴走、超異常気象を各地で次々と引き起こすディザスター・アクション大作『ジオストーム』。本作で主演を務めるのは、『300〈スリーハンドレッド〉』で屈強な王を演じ、『エンド・オブ・ホワイトハウス』シリーズでは大統領を救ってきたジェラルド・バトラー。そのジェラルドが本作で激闘した撮影について明かしてくれた。

本作の主人公で気象コントロール衛星“ダッチボーイ”の暴走を食い止めようと奮闘する科学者ジェイクを演じているジェラルド。“ダッチボーイ”は通常、地球と同じレベルの環境が整い、スタッフが地上での生活と違和感を感じないように整備されていた。だが、今回の暴走でいくつものシステムがダウン。人間が普通に生活するために必要な重力さえも失われてしまうのだ。

そこで登場するのが、役者を吊るし、あたかも無重力のような演出を施すために必要なワイヤーでの撮影。このワイヤーを使っての演技について、ジェラルドは「何人かの本当の宇宙飛行士が、無重力についてアドバイスしてくれたんだ。劇中で多くのことが無重力状態で起きる。でも撮影は地球上で撮っているから、当然重力があるよね(笑)。だから訓練が必要なんだ」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >