2018/01/19 12:00

小瀧望「終わった感じがしない!」同世代集結の『プリンシパル』北海道ロケが名残惜しい

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』北海道ロケ (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』北海道ロケ (C)2018「プリンシパル」製作委員会(C)いくえみ綾/集英社
いくえみ綾の大人気コミックを、黒島結菜と小瀧望(ジャニーズWEST)をW主演に迎え実写化する映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』。このたび、北海道で冬パートを2017年2~3月、夏パートを同6月に撮影した本作の現場の模様が到着した。

全編北海道にて撮影が行われた本作。主人公・住友糸真(しま)役の黒島さん、“俺様系モテ男子”舘林弦(げん)役の小瀧さんに加え、“ゆるふわ系モテ男子”桜井和央(わお)役の高杉真宙、弦に密かに好意を抱く国重晴歌(はるか)役の川栄李奈ら、初共演となる同世代が集まった現場は、初めこそお互いぎこちなかったものの、撮影を通して劇中さながらの仲良しに! また、本作の山場である胸キュンシーンの誕生秘話も明らかになった。

■緊張しながらそれぞれがクランクイン! キャストが語る篠原哲雄監督の演出

クランクインは、雪の降る2月の北海道・札幌。とある私立高校にて、糸真が転校してくる「札幌市立札恵高校」のシーンからスタート。2年4組のクラスメイトが勢揃いし、まるで実際のホームルームのようににぎやかながら、大きな学校でのロケとあって、スタッフたちが待機する廊下はやはり極寒!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >