2018/03/07 18:05

【インタビュー】世界国際女性デーで開催される「ウィメンズ・マーチ東京」は、女性が抱える“モヤモヤ”を共有する場

米ホワイトハウス前で開催されたウィメンズマーチ-(C)Getty Images
米ホワイトハウス前で開催されたウィメンズマーチ-(C)Getty Images
3月8日(木)は世界国際女性デー。

アメリカでは昨年の1月、トランプ大統領就任の際に大規模なデモが開催されてから、ますます女性の権利について訴えるデモや運動が増えてきている。昨年のハリウッドでのセクハラ問題について訴えた「#Metoo」からはじまり、よりポピュリスティックに女性に対する差別や暴力を訴えた「#TIMESUP」などのムーヴメントが起こっている最中だ。

またアメリカ以外の世界各国でも、各地で様々なアイデンティティやバックグラウンドをもつ人々が、差別や暴力を許さないという意思のもと立ち上がっている。

今年予定されている世界のウィメンズ・マーチの内容は、アジア女性資料センター公式サイトによると以下のように発表されている。

“2017年1月の米国大統領就任式直後に行われたウィメンズマーチに続いて、2018年1月21日にはガーナ、中国、ドイツ、スウェーデン、イラク、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、コロンビアなど34か国以上で120ものマーチが行われた。(…)現在、国際女性デーに向けて世界各地で、シンポジウムから映画祭、音楽イベント、ワークショップやフェミニスト・ダンスパーティーまで、さまざまなイベントの準備が進んでいる。この日にウィメンズマーチを開催することを発表しているのは、アルゼンチン、フランクフルト、ジュネーブ、インドネシア、ロンドン、モントピリア、チューリッヒ、東京など。オスロで行なわれるマーチの実行委員会は「#MeToo―沈黙から女性の権利の闘いへ」というキャッチフレーズを発表している。”※アジア女性資料センター公式サイトより引用:http://jp.ajwrc.org/2974

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >