2018/05/13 11:45

薬師丸ひろ子&菊池桃子&原田知世…80年代アイドルが最旬俳優の“母”で人気再燃

薬師丸ひろ子&原田知世&菊池桃子
薬師丸ひろ子&原田知世&菊池桃子
5月13日は「母の日」。いまSNSを沸かせている「花より男子」の新章「花のち晴れ~花男 Next Season~」で、杉咲花演じるヒロイン・江戸川音の“母”を演じているのは菊池桃子。また、先日「ギャラクシー賞3月度月間賞」を受賞したヒットドラマ「アンナチュラル」では、薬師丸ひろ子が主演・石原さとみの義理の母役を好演していた。

いずれも、かつては80年代に一世を風靡したアイドル。彼女たちは現在でも第一線に立ち、最近ではイマ旬俳優や若手女優の“母”を演じてその人気が再燃している。

■薬師丸ひろ子、『8年越しの花嫁』の“母”で日本アカデミー賞受賞
角川映画『野性の証明』のヒロイン公募オーディションで1978年にデビューした薬師丸さんは、『セーラー服と機関銃』(81年)『探偵物語』(83年)『Wの悲劇』(84年)など立て続けに映画界を席巻、その主題歌も自ら歌い、大ヒットに導いた。

その後、2005年にはドラマ「1リットルの涙」で難病に冒されるヒロイン(沢尻えりか)の母、『ALWAYS 三丁目の夕日』では集団就職で上京した女学生(堀北真希)の母親代わりを演じて改めて評価を集める。『ALWAYS~』では日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を獲得し、シリーズ全作に出演した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >