2018/06/07 07:45

松坂桃李&菅田将暉&斎藤工…“一糸まとわぬ男子”が躍進のカギ!?

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
近ごろ、人気イケメン俳優たちの脱ぎっぷりがいい。しかも、臆することなく、一糸まとわぬ姿をスクリーンで見せることもしばしば。

『娼年』で新境地に挑んだ松坂桃李をはじめ、菅田将暉や斎藤工、東出昌大から中村勘九郎、さらに“渋オジ枠”の阿部寛や豊川悦司、リリー・フランキーまで、その脱ぎっぷりに注目した。

■R18+指定『娼年』多くの女性と交わり続ける松坂桃李
直木賞候補となった石田衣良の原作を、舞台版と同じ松坂桃李×三浦大輔のコンビで映画化した『娼年』。シネマカフェのインタビューで「20代後半から“いろいろな色の役や作品をやっていこう”」としていた松坂さんが運命的に出会い、「悔いはないです」とまで語るほど“やりきった”という本作。

松坂さんは一糸まとわぬ姿で多くの女性と交わり続け、彼女たちの心と身体を解放させていきながら、自身も“心が童貞”の状態から少しずつ成長していく主人公の青年・リョウを熱演した。先の連続テレビ小説「わろてんか」では“朝の顔”を務めていたのに、度肝を抜かれたファンも多かったはず。リピーターも多く、「#おかわり娼年」というタグができたり、“応援上映”も開催されたりするなど、まだまだ話題には事欠かない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >