2018/06/09 08:15

【ドラマニア】「半分、青い。」ファン必見! 北川悦吏子が紡ぐ名作恋愛ドラマ3選

平成30年前期の連続テレビ小説の作品・脚本家発表
平成30年前期の連続テレビ小説の作品・脚本家発表
2018年の朝を彩る連続テレビ小説「半分、青い。」。岐阜×東京を舞台に、ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)が七転び八起きで駆け抜ける半生を描いた本作。“恋愛の神様”の異名を持つ北川悦吏子さんが脚本をつとめることからも、鈴愛の恋模様――今後の胸キュン展開に大きな注目が集まっています。

そこで今日は、話題の朝ドラ「半分、青い。」をより楽しむべく、ドラマニアな筆者おすすめの北川悦吏子過去作品をまとめてご紹介! 恋愛ドラマの原点とも言える、懐かしい名作が顔を揃えていますよ~。

1:男女の垣根を越えた、“唯一無二”の存在「Over Time-オーバー・タイム」
1999年、反町隆史さん×江角マキコさんを主演に迎え、友達以上恋人未満という男女のもどかしい関係を描いた“月9”ラブストーリー。多くの言葉を介さずともわかり合える、“唯一無二”の存在ーー互いを思いやる気持ちが大きくなればなるほど、その心地良さが危うさへと変わっていき…。2人の絶妙な距離感に、思わず悶絶してしまう視聴者も多いはず! 東京篇に入り、着実に大人の階段を昇っていく「半分、青い。」の律(佐藤健)×鈴愛と重なる部分があるように思われます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >