2018/07/26 14:30

アニメ『この世界の片隅に』30分の新シーン入り映画が公開へ! “すず”のんの声入り特報も

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
2016年公開のアニメーション映画『この世界の片隅に』が、12月、新規場面を付け足した別バージョン『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』として公開されることが決定。ティザービジュアルと特報映像も到着した。

ストーリー
ここではひとりぼっち、と思ってた。広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19(1944)年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、夫・周作とリンとのつながりを感じてしまう。昭和20(1945)年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。そして昭和20年の夏がやってくる――。

“さらにいくつもの人生”が描かれる――
こうの史代の同名漫画を片渕須直監督がアニメーション映画化し、これまで200万人を超える人たちが観賞、70を超える賞を獲得した『この世界の片隅に』。2016年11月12日(土)の劇場公開以来、1日も途絶えることなく、全国のどこかの映画館で上映が続いている。今回片渕監督が、原作にはまだまだ魅力的なエピソードがあり、それを描き足すことによって主人公のすずさんだけではない、「さらにいくつもの人生」を描き出したいと考え、制作に至ったそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >