2018/08/20 07:30

【インタビュー】勝地涼、福田雄一監督からの“新たな笑い”への期待に感謝!

勝地涼『銀魂2 掟は破るためにこそある』/photo:EMI
勝地涼『銀魂2 掟は破るためにこそある』/photo:EMI
緩急自在の演技で視聴者に強い印象を残す俳優・勝地涼。最新作映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』では、原作ファンの間でも人気の高い将軍・徳川茂茂に扮し、作品に大きなインパクトを与えている。14歳から始めた俳優業も18年という歳月が流れた。「近年はコミカルな役が多いんですよね」と語った勝地さんだが、本作で福田雄一監督からオファーされた役は、大爆笑を引き起こすものの、これまでのキャラクターとは違う、新たな気づきがあったという。

自分のなかに流れている感情には嘘をつかないこと

勝地さん演じる徳川茂茂は、非常に民思いの優秀な将軍で、庶民の生活をしっかりと把握したいという思いから、度々、警察組織の頂点に君臨する松平片栗虎(堤真一)と共に、江戸の町に現れては、世間知らずが故に、散々な目に合ってしまうという役柄だ。劇中でも、衝撃的なビジュアルや発言で、大きなインパクトを与える。

「最初に福田監督から『徳川茂茂どう?』という話をいただいたとき、僕は原作を読んでいなかったので『将軍役か、いいな』と深く考えもせずに引き受けてしまったんです。その後、漫画も読んだのですが、原作ファンも多く、かなり個性的なキャラクターだと知って『マジか…』と思いました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >