2018/09/06 14:45

『累』原作者が実写版を絶賛するワケ 原作の表情が思わず土屋太鳳&芳根京子に?

映画『累 -かさね-』ファンミーティング/佐藤祐市監督×原作者・松浦だるま
映画『累 -かさね-』ファンミーティング/佐藤祐市監督×原作者・松浦だるま
映画『累-かさね-』の公開を前に9月3日(水)、原作の生みの親である漫画家・松浦だるまと映画版の佐藤祐市監督を招いてのファンミーティングが開催! 原作ファンを前に、原作者の松浦先生が実写版への心からの称賛と感謝の思いを口にした。

いまは亡き伝説の名女優の娘として卓越した演技力を備えながらも、容姿の醜さから孤独に生きてきた累(かさね/土屋太鳳)が、母が遺したキスした相手の“顔”を奪うことができる不思議な口紅を使い、美しきニナ(芳根京子)と顔を入れ替え、女優として羽ばたいていくさまを描き出す。

■完成した映画を見て「すごいものできた」「言葉にならない」
人気漫画原作の実写映画化に厳しい視線が注がれる昨今だが、本作に関しては原作者の松浦先生が絶賛している。松浦先生は「企画の最初から、(完成作の)試写までのプロセスでのやり取りが信頼できました。基本、(映画をどうするかは)お任せというスタンスでしたが、どうしても原作の譲れない部分もある。それをどうお伝えしようかと思ってたけど、プロデューサーさんがあちらからこちらに聞いてくださって、脚本を練る上でもこちらに連絡をくださいました」と製作陣への信頼を口にする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >