2018/12/08 00:23

戸田恵梨香の演技力に改めて賞賛の声、木南晴夏演じる水野に賛否両論も「大恋愛」9話

「大恋愛~僕を忘れる君と」(C)TBS
「大恋愛~僕を忘れる君と」(C)TBS
戸田恵梨香、ムロツヨシ、松岡昌宏らが共演、ラブストーリーの名手”大石静が脚本を手がける「大恋愛~僕を忘れる君と」の第9話が12月7日オンエア。今回は病状が進行していく尚を演じた戸田さんの演技に改めて賞賛の声が上がっている。

若年性アルツハイマーに侵された女医・北澤尚を戸田さんが、彼女と恋に落ちたことで再び小説家として一線に戻る間宮真司をムロさんがそれぞれ演じ、尚の元婚約者だったが尚の病気が発覚して婚約を解消、その後は主治医として尚を支える井原侑市に松岡さん、娘の元婚約者とまさかの恋に落ちてしまう尚の母・薫に草刈民代、尚が嫉妬するほど真司の世話を焼く担当編集者の水野明美に木南晴夏、そのほか「サンドウィッチマン」富澤たけし、黒川智花、夏樹陽子、杉野遥亮らも共演している。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
ついに尚が妊娠するのだが、自宅には水野がいて真司の身の回りの世話にしていることに対し、尚は自分の無力さを痛感する。水野は真司に新聞連載を延長するよう話すが真司は連載を終えたいと返答。驚く水野に真司は今後は育児に専念していきたいと伝える。中途半端な連載では読者が納得しないとする水野と真司は意見が対立、その様子を聴いていた尚は水野に「私の病気が進行しないと小説は中途半端になるんですか」と抑えていた想いをぶつける。それに水野は「奥様は生きてるだけで創作の源、やる気のもとなんです」と返し、その言葉に勇気付けられた尚は真司に妊娠を報告する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >