2018/12/16 16:30

ウエディングドレスの元祖!ファッションの“定番”を作り出したヴィクトリア女王に迫る

■ウエディングドレスの元祖となった女王
女王即位から3年後、同い年の知的なアルバートと運命的な出会いをし、一目惚れをしたヴィクトリア。結婚を決意した彼女は、当時男性からのプロポーズが当たり前だった時代にも関わらず、20歳で自らアルバート公にプロポーズ! 晴れて想いを叶えた彼女は、白のサテンに幅の広いレースの段飾りとオレンジの華の飾りをあしらい、まさに“純白”なウエディングドレスを着用する。現代では“無垢”なイメージとして純白のドレスが主に選ばれているが、それを当時の上流階級に流行らせたのはヴィクトリア女王だった。

さらには、新婦のサポート役であるブライズメイドのドレスもヴィクトリア自らスケッチするこだわりよう。そんな彼女は“ウエディングドレスの元祖”と評されている。さらに夫アルバート公に、ウエディングドレスに身を包んだ自身の自画像をプレゼントしたともいわれる。「淑女であれ」と声高にいわれた時代。ヴィクトリアは公務に就く者でありながら、情熱的な想いを忘れない、常に時代の先を行く女性だったのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >