2019/02/02 16:00

デジタル世代が火つけ役!『ぼくいこ』『びじこん』WEB漫画の名作が続々映画化

『母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。』本ビジュアル (c)宮川サトシ/新潮社 (c)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
『母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。』本ビジュアル (c)宮川サトシ/新潮社 (c)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
毎年多くの漫画作品が実写化されている映画界。中でも最近、じわじわと映画化が進んでいるのはWEB漫画作品だ。

様々なメディアがアナログからデジタルへとシフトしていった平成の時代。これまでの漫画といえば、有名作家が手掛けるものなど、厳選された作品しか世に出されることがなかったが、WEBやアプリで手軽に漫画が読めるようになってから、アマチュアでも作品を発表できるようになっている。雑誌のコンセプトや読者の好みを重視する紙媒体とはまた異なり、自由度の高いWEB漫画の中には思わぬ名作が埋もれていることもしばしば。漫画ファンも映画ファンも抑えておきたい、いま大注目のWEB漫画原作映画に迫った。

昨年公開されたWEB漫画原作の映画といえば、朝ドラ出身の中村ゆりか、葵わかな、2.5次元俳優・黒羽麻璃央が出演した『ラーメン食いてぇ!』や、新人女優の南沙良が報知映画賞とブルーリボン賞の2冠を獲得した『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』など、若手俳優陣をキャストに迎えた瑞々しい作風が目立った。それが2019年の公開作は一気にスケールアップしており、WEB漫画と人気トップ俳優のタッグが次々と発表されている!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >