2019/02/08 17:00

【インタビュー】姫らしさ皆無のプリンセス、アンバー・ハード「“彼女の物語”を作りたい」

アンバー・ハード『アクアマン』/photo:You Ishii
アンバー・ハード『アクアマン』/photo:You Ishii
マニッシュなファッションがとてつもなく格好よく、それでいて笑顔がとてつもなくキュート。『アクアマン』で演じた女性ヒーロー、メラの強さ、思慮深さに触れ、「彼女が物語を動かしているようなものよね!(笑)」と茶目っ気たっぷりに言い放つ姿もまたとんでもなくチャーミングだが、実のところ、その言い分は正しい。アンバー・ハード演じるメラなくして、海底最強の男・アクアマンのヒーロー誕生譚は成り立たないのだから。

「ずっと望んできた」憧れの女性ヒーロー
海底の王女に生まれ、水を自在に操る力を持つメラ。彼女は海を支配するアトランティス帝国が地上の征服を目論んでいると知り、アクアマンの前に現れる。アクアマンは人間の男とアトランティスの元女王の禁断の愛の結晶であり、異父弟にあたる現王の凶行を止められるのは彼だけだからだ。だが、人間として地上で暮らすアクアマンは海底の事情にかかわりたがらず、メラが彼の“尻を叩く”。

「それ、すごくいい表現(笑)。メラは確かにプリンセスだけど、いわゆるお姫様らしさは皆無。戦士として育てられたし、行動力や推進力に優れている。ある意味、政治家にも似ていると思う。内面の強さを持つリーダーであり、ヒーローに必要な資質をすべて備えている。ただ、たまたま女性であるだけなの。こんな役を私はずっと望んできたの。映画の世界では珍しい役だから」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

忍耐強くいこう。今日は動くよりも待つ方にツキがあり。またジ...もっと見る >