2019/05/02 16:00

レイフ・ファインズ「主人公のとりこになってほしい」監督作『ホワイト・クロウ』を語る

『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』レイフ・ファインズ (C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS
『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』レイフ・ファインズ (C)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS
「ハリー・ポッター」シリーズをはじめ『シンドラーのリスト』『グランド・ブタペスト・ホテル』など数々の名作の出演でも知られるレイフ・ファインズ監督の『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』。構想20年を経て伝説のダンサーに自ら迫った本作から、レイフ自身のインタビュー映像がシネマカフェに到着した。

英国の名優として知られるレイフが、旧ソ連の伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの若き日からパリでの亡命にいたるまでを映像化し、自らも出演した本作。世界三大バレエ団で活躍し、バレエ史に燦然と輝くヌレエフの光と影を、見事に描ききっている。

まず、物語について「彼の青年時代に心を奪われたんだ。青春や学生時代を経て、彼はソ連からの亡命を決断する」と語るレイフ。また、資金調達の際、「君が出演すれば助かる」と言われ、当初予定のなかった自身の出演について触れた。

「僕が演じたのはA.I.プーシキン。レニングラードで名が知られていた偉大なバレエ教師だ。ルドルフに関する逸話には、偉大な教員が登場する。彼の指導法は、優しい物腰で、あれこれ指示を出さないんだ。生徒に失敗をさせて、自分で何が悪いか理解させる。生徒はみずから自分を正す。それが彼のテクニック」と言う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >