2019/05/20 07:30

【インタビュー】池田エライザ プロ意識の根幹に学生時代の金銭感覚「中途半端でお金はとれない」

池田エライザ『貞子』/photo:You Ishii
池田エライザ『貞子』/photo:You Ishii
平成ニッポンのみならず、世界を震撼させた恐怖が新時代・令和に蘇る。映画『リング』から生み出され、ホラーアイコンとなった最恐キャラクター・貞子の原点を描く、そのものズバリなタイトルの映画『貞子』が5月24日(金)から公開される。

怖い貞子降臨! かと思いきや、ポスタービジュアルが解禁された際に、とある人物のおののき顔が「怖すぎる!」と、そちらの方がいち早く話題になった。主演女優の池田エライザである。ただでさえパッチリ眼なのに、目玉がこぼれんばかりの見開きぶり。劇中でも泣き、わめき、涙で顔をグチャグチャにさせる迫真の恐怖演技を披露している。美しい顔が並ぶ煌びやかなモデル業界出身。「なぜそこまでやるの?」と聞くと、池田さんはこう答える。「中途半端なものでお金を取ってはいけないから」と。

腹痛に金縛り 実生活に影響を及ぼすほどの役作り
病院で心理カウンセラーとして働く茉優役で主演する池田さんは「大の怖がり」というが、恐怖以上に『貞子』の持つ人間ドラマに惚れた。「脚本を読むまでに怖い、怖い! と5分くらいごねましたが、読み進めるうちに怖さだけではない、濃密な人間ドラマや貞子誕生の背景に魅力を感じた」と出演を決めたそう。一度やると決めたら徹底的で、恐怖に追いつめられるシーンでは「この撮影が終わるまでは泣き止まないぞ! と決めて、目も鼻もパンパンに腫らして、目をそむけたくなるような顔を意識。怖がったり驚いたりするリアクションは意外と難しく、先の展開を知っていると予定調和になってしまうので、心境面でも自分の呼吸音を“うるさい!”と感じるくらいピリついた精神状態にした」と熱演を報告する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >