2019/06/19 17:00

有楽町スバル座、最後の洋画はマリオン・コティヤール主演『マイ・エンジェル』に

『マイ・エンジェル』メイン (C) PHOTO JULIE TRANNOY
『マイ・エンジェル』メイン (C) PHOTO JULIE TRANNOY
2018年のカンヌ国際映画祭「ある視点部門」に正式出品された『Angel Face』(原題)が、『マイ・エンジェル』の邦題で8月10日(土)より全国順次ロードショーされることが決まった。なお本作は、10月中旬に閉館することが決まっている有楽町スバル座の最後の洋画ロードショー作品となる。

■あらすじ
南仏コート・ダジュールで、8歳の娘エリーと気ままな二人暮らしをしていたシングルマザーのマルレーヌ。貧しいながらも幸せに暮らしていたが、やがてマルレーヌは再婚。だが、結婚生活はまもなく破綻し、厳しい現実から逃げるようにマルレーヌはエリーの前から姿を眩ましてしまう…。

■オスカー女優、マリオン・コティヤールが出演を熱望!
主演は、『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したマリオン・コティヤール。娘のことを強く想いながらもその愛し方が分からない“母親”のマルレーヌを、渾身の役作りで体現した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >