2019/08/18 19:00

傘が鋭い武器に!「リアルに描く」“生身”の圧倒的迫力映像『SHADOW/影武者』

そして、革新的かつ“過剰なまでの武侠アクション”を活写した場面写真も併せて解禁に。企画の初期の段階でイーモウ監督から「アクションに関しては、VFXを多用した超人的・ファンタジー的な描写ではなく、リアルに描く」という方針が打ち出された。その意図は、名もなき存在、雑草のような存在でも、ヒーローになれることを描きたいという監督の思いからだという。

柔をもって剛を制す…ダンスのような動きも

例えば、傘での戦いは柔をもって剛を制すような、ダンスのような動きや仕草が要求されたが、最初はなかなか慣れず、俳優たちはゾンビのような動きになってしまったそう。しかし、トレーニングを積み重ねていく中、だんだんコツをつかんでいき、待ち時間に女性の仕草をまねたりもして、2、3日後には全員が大きな進歩を遂げたと製作スタッフは語る。

また、本作でイーモウ監督が掲げた目標の1つに、“クラフトマンシップ”(職人技への回帰)がある。セット、メイク、アクション、衣装など、すべてに職人たちの技が注ぎ込まれた映画作りが行われた。武器の制作においても、中国の素材を選び、中国の伝統を表現することを目指したという。最も重要なのはクルクルと回転する傘。表面に中国の文化を思わせる飾りを付けているが、傘の飾りだけで何か月もかかったそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >