2019/09/19 17:45

花澤香菜、九州の方言披露!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』本編映像

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(C)2019こうの史代・双葉社 / 「この世界の片隅に」製作委員会
人気声優の花澤香菜が、新作劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に出演していることが判明。彼女が声をあてるテルの本編映像も到着した。

日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など、国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼び、公開から1日も途絶えることなく、1000日以上も日本全国どこかの劇場で上映が続けられている『この世界の片隅に』。新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、この『この世界の片隅に』を原型とした新たな物語だ。

今回花澤さんが担当したテルは、すずが遊郭で出会う九州出身の女性。

併せて到着した映像では、手に息を吹きかけ、寒さをこらえながら南の島の絵を描いてあげるすずに、「そげん南の島がよか。よかねぇ…」と嬉しそうに話しかける、切なくも愛らしい声が収められている。

「〈物語〉シリーズ」や「デュラララ!!」、「東京喰種トーキョーグール」、「3月のライオン」など数々の人気作に出演し、また歌手としても活躍中の花澤さん。本作からの参加について「観て…というより、すずさんを通してあの体験をしてからずっと大切にしていた作品だったので、参加できるなんて信じられませんでした」と喜び、「原作を読みながら、自分なりにテルちゃんの描かれていない部分も想像して収録に臨ませていただきました。さらに多くの方に観ていただけますように!」と願った。

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は12月20日(金)よりテアトル新宿、ユーロスペースほか全国にて公開。

【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >