2017/03/30 10:00

独りぼっちの少年のもとに怪物がやってきた…号泣必至のダークファンタジー『怪物はささやく』6月日本公開

『パンズ・ラビリンス』を思わせる悲しくも美しいダークファンタジー - 映画『怪物はささやく』ポスタービジュアル (c) 2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.
『パンズ・ラビリンス』を思わせる悲しくも美しいダークファンタジー - 映画『怪物はささやく』ポスタービジュアル (c) 2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.

 独りぼっちの少年と彼のもとにやってきた怪物の奇妙な交流を描き、世界の人々の涙腺を崩壊させたダークファンタジー映画『A Monster Calls』の邦題が『怪物はささやく』に決まり、6月9日より日本公開されることが明らかになった。同名ベストセラー小説に魅了された『パンズ・ラビリンス』のプロデューサーが『永遠のこどもたち』のJ・A・バヨナ監督とタッグを組み、スペイン版アカデミー賞というべきゴヤ賞で最多9部門受賞を果たした話題作だ。

 主人公は、シングルマザーの母の病気は末期で、学校に行けばいじめられるという孤独な13歳のコナー。裏窓から教会の墓地が見える家に住み、毎夜悪夢にうなされている彼のもとに、ある夜、怪物がやって来て「今から、わたしはおまえに三つの“真実の物語”を話す。四つ目の物語は、おまえが話せ」と告げて……。コナーの抵抗など意にも介さず、怪物が夜ごと現れ“物語”の幕が上がるさまが、幻想的なアニメーション映像と共につづられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >