2017/05/28 06:35

徹底的に自分を追い込む永瀬正敏の役者道

徹夜のシーンでは実際に徹夜をして撮影に臨む徹底ぶり - 写真・高野広美
徹夜のシーンでは実際に徹夜をして撮影に臨む徹底ぶり - 写真・高野広美

 フランスで開催中の第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出されている河瀬直美監督の新作『光』(公開中)に主演した永瀬正敏。弱視のカメラマン雅哉を表現するために、撮影後、すぐに社会復帰できないほど自分を追い込んだ。クランクインから体重は約9キロ落ちたが、本人にとっては自然で、必要だったこと。その壮絶な境地にたどりついた永瀬が、撮影のエピソードを語った。

 『光』は雅哉と映画の音声ガイドを作る美佐子(水崎綾女)が、ガイドの制作過程で心を通わせていく魂の愛を描いたラブストーリー。実際には目の見える永瀬が撮影前に行ったのは、「僕(雅哉)と同じ症状の方や視覚障碍をお持ちの方、失明されてしまった方に極力いっぱいお会いして、いろんな話を細かくお聞きして仲良くさせていただきました。ご飯を一緒に食べたり、ご自宅や仕事場にお邪魔して僕らが普段生きている中では気付かない部分を教えてもらったり」。そうした経験を積んで、気持ちの準備を整えていった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >