2017/05/26 23:47

「ブレイキング・バッド」主演俳優、新作映画は家族を捨てて見守り続ける男に

ちょっと印象が違う!? 「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン
ちょっと印象が違う!? 「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン

 テレビドラマ「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストンが、新作『ウェイクフィールド(原題)/ Wakefield』について、5月19日(現地時間)ニューヨークで行われたAOL開催イベントで、ロビン・スウィコード監督と共に語った。

 本作は、映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の原案者であるスウィコード監督が、E・L・ドクトロウの同名短編小説を映画化したもの。弁護士のハワード(ブライアン)は、ある晩、帰宅が遅くなったため、向かいの倉庫の屋根裏で一晩過ごす。翌朝、窓越しに自宅にいる家族を見たハワードは、なぜかそのまま姿を消したようにみせ、家族を見守るようになる。

 約4年かけて本作の製作を進めたというスウィコード監督はドクトロウの短編について「(『トム・ソーヤの冒険』で)トム・ソーヤが自分の葬式に参加するような内容だったわ。主人公が家族を観察することで気づくさまざまなことが描かれているのだけど、そのハワードを演じられる完璧な俳優を探さなければならないと思ったの。(製作を進めていくうえで)最も怖いことだったわ。もしブライアンが出演を決めてくれなければ、どんな映画になっていたことか……わからないわね」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >