2017/05/24 22:19

演技を超えてもはやリアル!共演者が続々恋に落ちていく撮影現場とは?

これはもはや演技じゃない…よね…!『光をくれた人』より (C) 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC
これはもはや演技じゃない…よね…!『光をくれた人』より (C) 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

 映画『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』でライアン・ゴズリングとエヴァ・メンデスを引き合わせ(のちに2人は結婚!)、『光をくれた人』でマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルを結び付けたデレク・シアンフランス監督。共演者が実際に恋に落ちてしまう背景には、シアンフランス監督の映画づくりに対するあるスタンスが深くかかわっていることが、インタビューを通して浮き上がってきた。

 『光をくれた人』がワールドプレミアを迎えた昨年のベネチア映画祭でインタビューに応じたシアンフランス監督。同作は、灯台守の夫婦が、ボートで漂流してきた赤ん坊をわが子として育ててしまったことで、もつれていく運命を描き出したヒューマンドラマだ。「映画づくりでは自分自身をさらけ出す。秘密もないし、恥ずかしいことだらけだ。僕は役者にも同じことを求める。(『ブルーバレンタイン』の)ライアン(・ゴズリング)もミシェル(・ウィリアムズ)も、エヴァも、今回のマイケルもアリシアにも全てをさらけ出してもらった」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >