2017/05/26 08:15

福士蒼汰、学園のアイドルから急成長!変化の今を自己分析

福士蒼汰 写真:尾鷲陽介
福士蒼汰 写真:尾鷲陽介

 学園のアイドルを演じた『好きっていいなよ。』(2014)、『ストロボ・エッジ』(2015)や、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016)など恋愛映画のイメージが強かった福士蒼汰が、ここへきて役の幅を大いに広げている。新作『ちょっと今から仕事やめてくる』(5月27日公開)では、常にハイテンションで大阪弁バリバリのヤマモトを生き生きと演じた。自身ともこれまで演じた数々の役とも全く違う飛び方をした本作での、変身の秘訣と成長の理由に迫る。

 福士が演じたヤマモトは、ブラック企業で絶望した青山(工藤阿須加)を“偶然”助ける、自称・元同級生の謎めいた男。強引に青山を連れ出しては大阪弁でツッコミまくり、青山に笑顔を取り戻させていく。そのテンションの高さ、まるでヒマワリのような無邪気な笑顔や大きな笑い声など、福士の変身ぶりに驚くが、意外にも本人は「自分では、さほど“飛んだ”とか“殻を破った”という意識はないんです」とアッサリ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >