2017/05/25 18:45

宮野真守、好きな女の子に告白するも…中学時代の恋愛エピソードとは?

人気声優の宮野真守
人気声優の宮野真守

 声優の宮野真守が25日、都内で行われた映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公開アフレコイベントに広瀬すず、菅田将暉と共に登場し、中学生時代に経験した甘酸っぱい恋愛エピソードを披露した。

 岩井俊二監督の傑作ドラマを『モテキ』『バクマン。』の大根仁が脚本、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズの新房昭之が総監督を務めアニメ化した本作は、とある海辺の町を舞台に、中学生のなずな(広瀬)と彼女に思いを寄せる典道(菅田)の繰り返される夏の1日を描いたラブストーリー。

 典道の恋敵・祐介役を務める宮野は、「33歳で中学生をやっております」と自虐的なコメントで笑いを誘うと、広瀬と菅田との初共演について「フレッシュでしたね。ピュアな2人のオーラとか発するものがある中で一緒にお芝居ができることに喜びを感じながらやらせてもらいました」と満足気。

 そして、作品にちなみ、中学生時代の印象的なエピソードを尋ねられると「この作品みたいなことありました」と明かす宮野。菅田から「タイムスリップ?」と驚かれるも、「するか! 甘酸っぱいだけをピックアップしてください」とツッコむと、「告白して、好き同士になった瞬間に喋れなくなりました。無視しちゃった」と紹介。菅田から「カワイイ~」といじられると、「おじさんだけどね。でも、その時のキュンキュンした気持ちを思い出しながらやりました」と収録中の心境についても語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >