2017/05/25 22:09

ソフィア・コッポラ版『白い肌の異常な夜』 男子禁制の寄宿舎で女たちを狂わせるコリン・ファレルが絶品【第70回カンヌ国際映画祭】

第70回カンヌ国際映画祭フォトコールにて(左から)エル・ファニング、ニコール・キッドマン、コリン・ファレル、ソフィア・コッポラ監督、キルステン・ダンスト Mike Marsland / WireImage / Getty Images
第70回カンヌ国際映画祭フォトコールにて(左から)エル・ファニング、ニコール・キッドマン、コリン・ファレル、ソフィア・コッポラ監督、キルステン・ダンスト Mike Marsland / WireImage / Getty Images

 現地時間24日、第70回カンヌ国際映画祭でドン・シーゲル監督&クリント・イーストウッド主演の映画『白い肌の異常な夜』(1971)をリメイクした『ザ・ビガイルド(原題) / The Beguiled』の会見が行われ、ソフィア・コッポラ監督がなぜイーストウッドが演じた役柄をコリン・ファレルにオファーしたのかを明かした。

 コンペティション部門に出品されている『ザ・ビガイルド(原題)』は、南北戦争時代を舞台にしたトーマス・カリナンによる小説をコッポラ監督/脚本で再び映画化したスリラーだ。物語は、女学院の少女が森で重症を負った敵兵マクバニー(コリン)を見つけ、彼女たちが暮らす男子禁制の寄宿舎に連れてくるところからスタート。誰彼構わず魅力をまき散らすマクバニーに校長(ニコール・キッドマン)から教師(キルステン・ダンスト)、生徒(エル・ファニング)まで女たちは狂い争うようになり、予想もつかない恐ろしい事態になってしまう……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >