2017/06/11 06:32

水谷豊&岸部一徳、心の世界でつながり合える特別な関係

会った途端に意気投合したという水谷&岸部 - 写真:尾藤能暢
会った途端に意気投合したという水谷&岸部 - 写真:尾藤能暢

 映画『TAP -THE LAST SHOW-』(6月17日公開)で初監督と主演を務めた水谷豊と、主人公の盟友を演じた岸部一徳は、実生活でも良き友人同士。その縁はドラマ「傷だらけの天使」(1974~75)から始まり、その後初対面したスペシャルドラマで意気投合したという二人が、互いの印象を語り合った。

 「傷だらけの天使」では、「ザ・タイガース」を解散した岸部はまだ俳優ではなく、音楽で作品に参加していた。「ドラマは毎回、見ていました。ショーケン(萩原健一)も水谷さんも、誰もまねできない芝居をやっているんです。そのころから二人は違っていた。だから、今見ても面白いドラマになっているんですよね」

 そして水谷は、実際に俳優として共演した際の岸部の第一印象を振り返り、「不思議で変な感覚だった」と笑う。「よく言っているんですが、高校1年生の時にタイガースのまねをして、友だちとパンタロンを買いに行ったんです。その人が目の前にいるんですからね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >