2017/05/31 23:08

同性の元恋人を殺す計画 英政治史上最も物議をかもした党首役にヒュー・グラント

主演することになったヒュー・グラント Dave J Hogan / Getty Images
主演することになったヒュー・グラント Dave J Hogan / Getty Images

 先日 BBC One での製作が発表されたドラマ「ア・ベリー・イングリッシュ・スキャンダル(原題) / A Very English Scandal」に、ヒュー・グラントが主演するとDeadlineが報じた。

 実際に起きたスキャンダルを描く同作品でヒューが演じるのは、自由党党首のジェレミー・ソープ。イギリスで同性愛が合法化される以前にノーマン・スコットという元恋人がいたジェレミーは、ノーマンが生きている限り自分の政治生命は危機にあると感じ、永遠に黙らせるしかないと殺し屋を雇ったと言われている。

 殺人計画は未遂に終わったが、ジェレミーは1979年に殺人の共謀罪などに問われ、裁判にかけられている。無罪となったものの、彼の政治家生命が終わったのは言うまでもない。政治の腐敗や陰謀が明らかになったこの裁判は英国社会を大きく変えたと言われている。

 「ヒューはイギリスを代表する俳優の一人で、頭が切れ、ウイットに富み、人間味の深さと繊細さを併せ持った俳優です。英国政治史上、最も物議をかもした人物を彼に演じてもらえることにワクワクしています」とプロデューサーのドミニク・トレッドウェル=コリンズは語っている。

 ストーリーは3部構成になり、脚本は「ドクター・フー」「秘密情報部トーチウッド」のラッセル・T・デイヴィースが担当。ヒューがメリル・ストリープと共演した映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』のスティーヴン・フリアーズが監督を務める。(澤田理沙)

【関連情報】
『ラブ・アクチュアリー』続編短編はあれから14年後!【写真】
ヒュー・グラント、『ラブ・アクチュアリー』続編でもコリン・ファースいじり
オスカー俳優がアインシュタインを完コピ!執念のビジュアル公開
実写版『パディントン2』来年1月日本公開!落ち目の俳優役にヒュー・グラント
池脇千鶴、長瀬智也主演ドラマで14年ぶりに民放連ドラ出演
「昼顔」人気脚本家、井上由美子ヒット作の背景

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >