2017/06/01 21:02

岩田剛典、極寒の撮影で監督恨む

今だから明かせる撮影裏話を明かしたがんちゃん
今だから明かせる撮影裏話を明かしたがんちゃん

 三代目 J Soul Brothers / EXILEのパフォーマー・岩田剛典が1日、都内で行われた「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017」(SSFF &ASIA 2017)のオープニングセレモニーに出席。自身の出演する『SWAN SONG』の雪の中での過酷な撮影を振り返ると、「(雪の中を)一歩一歩噛み締めながら監督を恨んでいました」とぶっちゃけ話で会場を笑わせた。

 岩田は、映画祭と EXILE HIRO プロデュース、EXILE TRIBE と映画祭のコラボ企画として著名な作詞家・小竹正人の世界観をモチーフに制作した「シネマファイターズ」の一作に出演。落合賢監督のもと、桜庭ななみを共演に迎え、大寒波に見舞われ終焉を間近にした地球を舞台に、恋した女性に人生最期の曲“SWAN SONG”を聴いてもらおうと旅をするギタリスト・アサヒ役を熱演している。

 壇上には共演の桜庭、落合監督も登壇。落合監督が岩田と桜庭の吹雪のシーンを振り返り、「撮影当時、雪が全然降っていなかったんですけど、二人の行いが良かったのか、始まった途端降り始めて……」と寒波の中での撮影を述懐し始めると、岩田は隣で「過酷な撮影で監督を恨んでいました」と苦笑い。「オール新潟ロケだったんですけど、新雪で一歩一歩歩くのが本当に大変でした。チクショーって思いながら歩いていました」とため息。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >