2017/06/02 23:48

好奇心だけで太った!?マシュー・マコノヒーが驚異の役づくりを明かす

映画『ゴールド/金塊の行方』のマシュー・マコノヒー Photo by Lewis Jacobs
映画『ゴールド/金塊の行方』のマシュー・マコノヒー Photo by Lewis Jacobs

 オスカー俳優のマシュー・マコノヒーが、ハゲ頭にメタボ腹という驚異の変貌を遂げ挑んだ話題作『ゴールド/金塊の行方』(全国公開中)について、ニューヨークのウォルドルフ=アストリアで行われたジャンケットで語った。

 1990年代、アメリカ経済に大混乱をもたらした通称“Bre-X事件”を題材にした本作。鉱山事業に失敗したケニー(マシュー)は全財産をつぎ込んで向かったインドネシアで金鉱を発見する。一躍時の人となったケニーだったが、彼を利用しようとニューヨークの財界を含めた大きな落とし穴が彼を待っていて……。映画『シリアナ』『トラフィック』のスティーヴン・ギャガンが監督を務めた。

 ケニーの役づくりについてマシューは「最初からケニーを理解できたね。彼は人生の消費者なんだ。尽きぬ好奇心でお腹がいっぱいなんだよ。実は、僕自身もケニーの観点から物事を見つめる準備をしていたら、いつの間にか体重が増えていて、(いつもの)スボンやシャツが着られなくなっていたんだ。ケニー本人から『もう、始められるね』って言われたよ(笑)」と話す。加えてマシューの父親が石油パイプの供給事業をしていたことも大いに役立ったそうで「父親を知るセールスマン、探鉱者、精力的な実業家などに会って、目のギラギラした精神的にタフな男を作り上げたよ」と明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >