2017/06/02 18:46

『ワンダーウーマン』レバノンで禁止に…公開直前に決定

そんな直前に… - 映画『ワンダーウーマン』より (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC
そんな直前に… - 映画『ワンダーウーマン』より (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

 映画『ワンダーウーマン』の公開がレバノンで禁止された。公開数時間前に同国の内務省が発表したと Sky News などが報じた。

 『ワンダーウーマン』は、女性だけの島で育った好奇心豊かなプリンセス・ダイアナが、人々の争いを止めるため最強の美女戦士ワンダーウーマンとして立ち上がる姿を描いたアクション。2年間兵役に就いていたこともある、イスラエル出身の女優ガル・ガドットが主演を務めており、レバノンとイスラエルは長年敵対関係にあるということで、レバノンでは本作の公開中止を求める抗議運動が起こっていたという。

 レバノンの配給会社ジョセフ・チャクラ・アンド・サンズのマネージングディレクターのトニー・チャクラは「この映画はイスラエルと何の関係もありません。宣伝などの費用も掛かっているんですよ。数日前に抗議運動が始まるまでは、何の問題もなかったんです」と不服そうに語っている。

 ガルふんするワンダーウーマンは昨年公開の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場しており、レバノンではその際も公開中止を求める声が上がったが、こちらはそのまま公開されていた。『ワンダーウーマン』は8月25日より日本公開。(編集部・市川遥)

【関連情報】
強すぎる…!映画『ワンダーウーマン』予告編
『スーサイド・スクワッド』酷評にファン怒り!大手批評サイトの閉鎖を求め署名運動
『スーサイド・スクワッド』監督、時間を巻き戻せれば悪役はジョーカーに…後悔と決意を表明
エマ・ワトソン主演『美女と野獣』ロシアでまさかの16禁に…なぜ?
マイティ・ソー第3弾、邦題は『バトルロイヤル』!日米同時11月3日公開
トム・クルーズにジョニー・デップ!とんでもない「ダーク・ユニバース」始動

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >