2017/06/05 15:49

ミシェル・ウィリアムズ、鬼才レオス・カラックス監督の新作ミュージカルに出演

ミシェル・ウィリアムズ&レオス・カラックス監督 Frazer Harrison / Getty Images、ChinaFotoPress / ChinaFotoPress via Getty Images
ミシェル・ウィリアムズ&レオス・カラックス監督 Frazer Harrison / Getty Images、ChinaFotoPress / ChinaFotoPress via Getty Images

 映画『ポンヌフの恋人』『ホーリー・モーターズ』などのフランスの鬼才レオス・カラックス監督による新作ミュージカル映画『アネット(原題) / Annette』に、ミシェル・ウィリアムズが出演することになったと The Film Stage ほか複数のメディアが報じた。

 本作は米アマゾン・スタジオによって進められている映画で、米国のロック&ポップバンド、スパークスのロン&ラッセル・メイル兄弟がカラックス監督とミュージカルのタッグを組む予定。一般的な歌やダンスを披露するミュージカルとは異なるそうで、オペラ歌手の妻を失ったスタンドアップ・コメディアンが、特別な才能を持つ2歳の娘と生きぬく過程が描かれる。

 そしてこのたび、当初出演予定だったルーニー・マーラや歌手リアーナに代わって、ブロードウェイミュージカル「キャバレー」などで主演経験のあるミシェルが抜てきされた。ミシェルは映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』に出演し、現在トッド・ヘインズ監督の新作『ワンダーストラック(原題) / Wonderstruck』の公開が控えている。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
『ポーラX』以来13年ぶり単独監督!『ホーリー・モーターズ』【動画】
『マンマ・ミーア!』続編決定!オリジナルキャストが一挙カムバック!
恥を知れ!と叫ぶ人も…カンヌ結果総評
『美女と野獣』興収100億円を突破!ディズニー史上2番目の速さ
原作もので守るべきこと…ロマン・ポランスキー監督が語る
何もやりたいことのなかった北海道の女子高生がカンヌ出品を果たすまで!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >